お知らせ

第10代ミス小野小町決定!!

ミス小町10

第10回隨心院ミス小野小町コンテストに於いて最終審査に残った9名の中から、3人の新ミス小野小町が決定しました。
くわしくはミス小野小町のバナーをクリックして下さい。



秋季行事のご案内

ライトアップ コンテスト

11/15(土)〜11/30(日)の期間中、夜の特別拝観を行います。期間中には、ワークショップ(におい袋作り体験-15日・腕輪念珠作り体験-16日)の他、ミス小野小町のお出迎え、隨心院に伝わる小野小町の講演、今様の舞、最終日には第10回ミス小野小町コンテストが開催されます。 コンテストでは一次審査を通過した12名の候補者が集い、最終選考に臨みます。その他、総本山善通寺法主 樫原禅澄猊下のご法話、はねず踊りと今様、エイベックス所属の高杉さと美さんによるミニライブが開催されます。どなたでもご観覧頂けますので是非ご来山下さい。
あわせて京都市主催のグルメイベント『やましなまるごとマルシェ』(11/15.16)も是非どうぞ!!
くわしくはこちらをクリックしてください→山科劇場



第10回ミス小野小町コンテスト日程のお知らせ

10kaikomati

第10回ミス小野小町コンテストの会場が変更となりました。
午後1時30分より隨心院の能の間に於いて開催致します。
くわしくはミス小野小町のバナーをクリックして下さい。






山科劇場のご案内

こまちぶみ

この秋から春にかけて、京都山科を舞台にした『山科劇場』が開催されます。隨心院では、25.10/1〜26.3/31の期間、大切な人へ思いを届ける「こまちぶみ」の受付。25.10/19(土)、10/26(土)には庭園にて隨心院コンサート−小町讃歌−が開かれます。
くわしくはこちらをクリックしてください→山科劇場



広樹展のお知らせ

今年も広樹会主催の『広樹展』が10月18日(金)〜20日(日)に開催されます。当院表書院から本堂にかけて様々な盆栽を展示しております。是非ご覧ください。



小町手づくり市

手作り市

毎月第一日曜日に隨心院境内に於いて『小町手づくり市』が開催されます。 くわしくはこちらをクリックしてください→小町手づくり市


花だより

4月14日現在、境内のシャクナゲが咲き始めました。

梅の開花状況

3月30日現在,小野梅園はねずの梅が“見頃”となっております。例年より10日程遅いでしょうか。
御来園お待ちしております。


小野梅園公開期間延長のお知らせ

梅の開花が例年より遅れております。そこで4月8日まで梅園を延長して公開いたします。
3月24日現在、全体的に6分咲き程度となっております。


梅の開花状況

梅

3月19日(月)現在の梅園の様子です。全体的に5分咲き程度となっております。
しだれなど、見頃の梅もございます。


梅の開花状況

3月10日現在の名勝・小野梅園は白梅・紅梅・しだれが咲きだしております。
ただ、薄紅色のはねずの梅のほとんどが“つぼみ”となっております。


梅の開花状況

3月4日現在の名勝・小野梅園の様子です。薄紅色の“はねずの梅”はまだですが、ちらほらと白梅の花びらは開き出しました。
御来園お待ちしております。


梅

小野梅園のお知らせ

3月1日から3月31日まで観梅会により小野梅園が特別公開されます。詳しい開花状況をお知りになりたい場合はお電話でお問い合わせ下さい。


謹賀新年

あけましておめでとうございます。本年が皆様方にとって実り多き年になることを祈念致します。当院のご本尊、如意輪観世音菩薩は鎌倉時代の作です。如意宝珠(チンターマーニ)と輪(チャクラ)を訳して如意輪とされます。「どこへでも自在にころがって行く車のように、どこへでも来て、衆生の願いを何事でも聴きとどけてくれる者」という意味があると云われ、観自在菩薩が宝部の三昧(宝を司る働き)に住した姿を表したものです。 六本の腕にはそれぞれ意味があり、頬に手を当て、考える様(思惟)は、有情(生きとし生けるものすべて)を懸念する観音の慈悲を象徴します。宝珠を持つ手は、一切衆生の願いを満足させ、念珠を持つ手は衆生の愚痴の心を破し無明の苦しみを滅する。左上の体をを支える手は争う心を抑え、悪を断ちます。蓮華を持つ手は諸々の非法を浄め、輪を持つ手は、生死輪廻の苦しみを断つとされます。 また六道の衆生の苦を抜くばかりか、「福徳」を授け、「衆人敬愛」・「求兒(求児)」つまり良縁や子授けに御利益があると経典には記されています。皆様のご参拝お待ちしております。

本尊

小野小町だより

『小町』出来ました。

小町

一千有余年の時を経て 人々を魅了し続ける 謎の美女 小野小町
小野小町ゆかりの地 大本山隨心院 執事長 亀谷英央師の文章と 京都を代表する写真家の一人 北奥耕一郎氏の幻想的な写真で 謎に包まれた小野小町の生涯を ここに解き明かします

拝観休止予定日

拝観及び写経・写仏の休止のお知らせ

▲TOP ▲サイトマップ